フェルト 布素材お手入れ

汚れを防ぐための予防方法

汗汚れの放置は虫喰いやシミの原因となります。

予めスベリ(帽子の内側のふちの部分)に、布や汗取りテープを貼り付けておくことで、帽子の汚れを防ぎます。

汗取りテープはこまめに取り替えることをおすすめします。

汗や汚れた箇所は、その部分のみ固く絞った濡れタオルで拭きとってください。

その後、乾いたタオルで水分を十分に拭きとり、帽子の形を整えてください。最後に風通しのよい場所に陰干しし、しっかり乾燥させます。

 

 

帽子の各部名称

日常のお手入れ

ホコリは風合いや品質等の劣化を早める原因となります。

長毛仕上げは硬いブラシ、プレーン仕上げは柔らかい馬毛ブラシなどで、

毛の流れに沿ってクラウンのトップからブリムへ優しくブラッシングし、埃や汚れを取り除いてください。

通常、毛は時計と逆周りに流れていますので、上から見て反時計周りにブラッシングします。あまり強く擦ると毛足が死んでしまったり抜け毛の原因となりますのでご注意ください。

特にフェルトハットは素材の特性上、埃が付きやすい帽子です。埃を放置しておくと毛に絡まって取れにくくなりますので、こまめなブラッシングをおすすめいたします。

 

  • 粘着テープは使用しないでください。表面のホコリは取れますが、毛足の中に入り込んだホコリは取り除けません。また、粘着素材が帽子に移り、埃が付きやすくなる恐れがあります。

 

汚れを防ぐための予防方法

汗取りテープ

汗汚れの放置は虫喰いやシミの原因となります。予めスベリ(帽子の内側のふちの部分)に、布や汗取りテープを貼り付けておくことで、帽子の汚れを防ぎます。
汗取りテープはこまめに取り替えてください。

 

汚れてしまった場合

表面に付いた汚れは、軽いものならブラシで落とすか、消しゴムや食パンなどでなでるように軽くこすって落とします。

汗や汚れた箇所は、その部分のみ固く絞った濡れタオルで軽く叩くようにして丁寧に拭き取ってください。
その後、乾いたタオルで水分を充分に拭き取り、帽子の形を整えてください。最後に風通しの良い場所に陰干しし、しっかり乾燥させます。

 

帽子、特にフェルトハットは水に弱いため、汚れている箇所以外が濡れないよう十分にご注意ください。

  • 陰干しの際、洗濯ばさみは使用しないでください。(タオルを干す台や、タオルを敷いた大きなザル等に置くことをおすすめいたします)
 
 

濡れてしまった場合

帽子、特に天然素材のものは湿気に弱く、水分が型崩れの原因となるため、水濡れは厳禁です。
濡れてしまった場合は、乾いたタオルで表面をやさしく押さえるようにして水分をよく拭き取ります。この際、決して強く擦らないようご注意ください。
その後、紙やタオルなどを詰め、風通しの良い日陰で陰干しし、しっかり乾燥させます。

 

  • 熱風は変形・変質の原因となりますので、ドライヤー等は使わないでください。
  • 濡れている帽子は型崩れしやすい為、丁寧に扱ってください。また、濡れたまま帽子掛けに掛けておくのは変形の原因となります。
  • 陰干しの際、洗濯ばさみは使用しないでください。(タオルを干す台や、タオルを敷いた大きなザル等に置くことをおすすめいたします)

 

型崩れしてしまったときの対処方法

フェルトハットが型崩れしてしまった場合、以下の手順で形を整えます。

帽子から約5cm離したところから、スチームアイロンでスチームを出し、裏から形を整えていきます。
そのままの状態で蒸気のぬくもりが取れるまで待ちます(熱が取れる時に成形されますのでシッカリ形をキープして下さい)。
最後に風通しの良い場所に陰干しし、しっかり乾燥させます。

強くまたは広範囲に蒸気を当て過ぎると、意図しない変形を引き起こす場合がありますので、十分にご注意ください。小さい範囲にこまめに蒸気を当てるのが、成功の秘訣です。

 

  • 陰干しの際、洗濯ばさみは使用しないでください。(タオルを干す台や、タオルを敷いた大きなザル等に置くことをおすすめいたします)
  • スチームは熱くなっているので火傷にご注意ください。

 
 

日常の保管方法

陰干しを充分した後、防虫剤と乾燥剤を帽子に直接当たらないように入れ、低温で風通しが良く湿気の少ない場所に保管してください。
低温を保つため、薄い布や和紙等で包んで保管する事をおすすめいたします。

1、乾燥剤を入れた専用の箱に収納する

長期間保存する際は、型崩れ防止の為、ブリム(つば部分)を上にして専用の箱に入れて収納してください。クラウン(頭の部分)を上にしたまま保管されますと、型崩れの原因になります。

 

2、湿気の少ない場所に保管する

低温で風通しが良く湿気の少ない場所に保管してください。
低温を保つため、薄い布や和紙等で覆って保管する事をおすすめ致します。

  • 配送時の箱は保管用に取っておかれることをお勧めします。型崩れを防ぎ、良い状態での保管にも重宝します。
  • 高温多湿な場所での保管は、変色や型崩れなどの原因となるのでご注意ください。
  • ビニール袋は使用しないでください。
 

取り扱いのご注意

クリーニングについて

水洗いについて

帽子は記載のない限り全て、水洗い不可となります。汚れがひどい場合は、帽子を受け付けている専門のクリーニング店にご相談ください。

Close

Popup

Use this popup to embed a mailing list sign up form. Alternatively use it as a simple call to action with a link to a product or a page.

Age verification

By clicking enter you are verifying that you are old enough to consume alcohol.

SEARCH

CART

カート内に商品がありません。
買い物を続ける