パナマ ストローハットお手入れ方法

パナマハット・ストローハット

天然素材を使用したパナマハットやストローハットはとてもデリケート。細かい繊維を編んで作られているので、一度、傷がついてしまうと元に戻すことができません。

天然素材なので、着用を繰り返すことで少しずつ変色することは避けられませんが、日常的にお手入れをしてあげることで、自然で魅力的な味わいを持つ帽子にすることができます。

 

帽子の各部名称

日常のお手入れ方法

汗や汚れた箇所は、その部分のみ固く絞った濡れタオルで軽く叩くようにして丁寧に拭き取ってください。また、クラウン内部のスベリ部分も拭き掃除します。

その後、乾いたタオルで水分を充分に拭き取り全体の型を整えます。

風通しの良い場所に陰干しします。
※生地の痛みの原因となりますので、洗濯ばさみは使用しないでください。タオルを干す台や、大きなザルにタオルを敷き、その上にパナマハット置くと便利です。

 

日常の保管方法

陰干しを充分した後、防虫剤と乾燥剤を帽子に直接当たらないように入れ、低温で風通しが良く湿気の少ない場所に保管してください。
低温を保つため、薄い布や和紙等で包んで保管する事をおすすめいたします。

1、乾燥剤を入れた専用の箱に収納する

型崩れ防止の為、日常のお手入れ後に乾燥剤を入れた発送時の箱に収納してください。

2、湿気の少ない場所に保管する

低温で風通しが良く湿気の少ない場所に保管してください。
低温を保つため、薄い布や和紙等で覆って保管する事をおすすめ致します。

 

汚れを防ぐための予防方法

汗取りテープ

汗汚れの放置は虫喰いやシミの原因となります。予めスベリ(帽子の内側のふちの部分)に、布や汗取りテープを貼り付けておくことで、帽子の汚れを防ぎます。
汗取りテープはこまめに取り替えてください。

 

汚れてしまったときの対処法

応急処置として、水と二酸化炭素のみでできている炭酸水で、汚れをやさしく拭き取ってください。日常的な汚れでしたら比較的落ちやすいです。その後、日常のお手入れと同様に乾かします。

応急処置で落ちなかった場合、オキシドールと、食器洗い用中性洗剤を1:1の割合で混ぜたものを綿棒につけ、 汚れ以外のところに付かないように注意しながら汚れた部分に付けてください。

半日ほどおいて、汚れが落ちたら、日常のお手入れと同様の手入れをします。
乾かすときは、日常乾かすときよりも少し長めに、半日~1日程度陰干ししてください。

 

型崩れしてしまったときの対処方法

あらかじめ軍手など、手袋をはめておきます。

帽子から約5cm離したところから、スチームアイロンでスチームを出し、裏から形を整えていきます。
そのままの状態で蒸気のぬくもりが取れるまで待ちます(熱が取れる時に成形されますのでシッカリ形をキープして下さい)
最後に風通しの良い場所に陰干しし、しっかり乾燥させます。

そのままの状態でパナマハットの蒸気のぬくもりが取れるまで待ちます。
その後は、日常のお手入れと同様に乾かします。

 

濡れてしまったときの対処法

乾いたタオルを裏からあて、約10cm離してドライヤーの弱モードで生乾き程度まで乾かします。繊維が弱くなってしまうので乾かし過ぎないでください。

形を整え、その後は、日常のお手入れと同様に乾かします。

 


取り扱いのご注意

パナマハット・ストローハットを持つ時は、クラウン(頭の部分)のくぼみは絶対に持たないでください。型崩れや破れの原因となります。被る時や脱ぐ時は、両手でブリム(つばの部分)を持って扱ってください

  • 髪染め後の数日間、汗の多い夏場は帽子への色移りが懸念されます。
    こまめに汗を拭いたり、長時間の着用を避ける等の注意をお願いします。
  • パナマハットは、商品によって、内側に検品用の焼印が入っている場合があります。中には薄く印字されているものもありますが、汚れではありません。
  • 一度破れたり折り目がついたりしますと、元に戻りませんので、ご注意ください。
  • 酸で繊維が傷むことがあるので、お酢などの酸性のものには付けないようにしてください。