ガリュー・プラネットについて

1.弊社の成り立ち

代表取締役 中村好孝

遊び心のある大人の男性に支持される帽子を中心に作っています。

有限会社ガリュー・プラネットは、1997年に設立。商品企画とOEM中心で事業展開してきましたが、2009年から初めての自社ブランド『ガリュー・プラネット』をスタートしました。

本当の帽子好きに直接売って行こうという想いから、有名百貨店でのポップアップショップやコーナー展開、そして通販会社(ライトアップショッピングクラブ)と自社サイトで販売しています。

 

2.帽子への拘り

『ちょっと贅沢な大人のこだわり』を感じてもらいたいと思っています。

紳士の帽子文化を再興させたいという願いのもと、ガリュー・プラネットの帽子は高品質を維持するために、日本製で丁寧に少量生産されています。

一見ベーシックで被りやすいですが、遊び心もいっぱいです。

そして、帽子をデザインする上で、素材や色にはいつも拘っています。ヨーロッパの香りを感じさせる配色や、絶妙な生地の組み合わせが特徴のファッション性の高さが持ち味です。

 

3.私たちの想い

 

日本の職人達に尊敬の念を込め、ガリュー・プラネットは日本製を貫きます。

近年、帽子業界に限らず様々な物が生産を海外(特に中国)に移しています。

安価な製品が出る事によって、国内の熟練の技術をもった生産者は次々と廃業に追い込まれています。

ただ、日本国内には素晴らしい技術をもった職人達がおり、彼らは10年、20年、30年と帽子を作り続けてきました。

帽子は日本の伝統工芸品等と違い、歴史も浅く、文化自体も海外から入ってきたものです。

海外の文化を日本人に合う様に試行錯誤し、長年の経験に基づいた技術によって現在の形を作り上げてきました。

彼らの作り出す製品は、他では真似の出来ない高い技術力です。