顔型別 帽子の選び方

丸顔さんの帽子の選び方とかぶり方

比較的なんでも似合います。クラウンが丸い形や平たい形の帽子がオススメ

深めのハンチングやベレー帽もよく似合います。

縦の長さを出すために浅くかぶったり、おでこを出すように後ろに倒すように着こなすとバランスが取れます。トップにボリューム感を出すことで、縦の長さを強調し、お顔がスッキリと見えます。

目深にかぶると、縦の短さが強調されてますます顔が丸く見えてしまいます。角ばったシルエットのものも丸顔を強調します。

 

ハット・中折れ帽の選び方とかぶり方

ボーラーハットや、丸みのある中折れ帽などオススメ。

かぶりが深いハットを選ぶと、縦の短さが感じられてしまいます。浅めのハットがオススメ。

丸いシルエットを選ぶと、顔なじみがよく輪郭の丸さを和らげてくれます。

つばの前が下がっているものと上がっているものがありますが、前下りより前上がりが良いです。またつばは短めのものを選ぶとバランスが良くオススメです。

前をあげて、後ろを下げるような倒し方でかぶると、丸顔さんでも縦長感が出ます。流行りのカンカン帽も高さの低いつばの短めのものを選ぶとバランスよくかぶれます。

ハンチングの選び方とかぶり方

固めの質感で仕上げた、トップにボリュームがでる帽子がオススメ

ボリューム感のあるハンチングをかぶることで、丸顔さんでも顔幅を感じることなくかぶれます。

スリムなシルエットのハンチングを選んでしまうと、顔の丸さが強調されてしまいます。

ハンチングの逆被りも丸顔さんならおでこから上にかけて高さが出ていてもバランスよくかぶることができます。

キャスケットの選び方とかぶり方

頭に沿う形の帽子を選ぶのがオススメです。

角のない形なら顔なじみがよく、丸顔さんに似合います。

キャスケットはトップにボリュームを持たせるようにかぶります。

 

 

面長さんの帽子の選び方とかぶり方

こちらもなんでも似合います。ただ、細長いタイプの帽子は面長を強調するので高さのあるハットは避け、深めにかぶるとうまく着こなせます。

頭部が平らなものや浅めの帽子が似合うので、浅めのハンチングやポークパイハットやベレー帽がオススメ

高さのある帽子を被るときは、後ろに倒して高さをごまかすようにしたり、深めにかぶってみるのがコツです。

ハット・中折れ帽の選び方とかぶり方

中折れ帽を選ぶとなると、細長いシルエットの帽子(ハット)がオススメです。帽子(ハット)を目深に被るとバランス良く決まります。

柔らかい布のハットも深くかぶれて良いです。

またつばは長めのものを選ぶとバランスが良く、かぶり方としては、どの帽子もしっかり深めにかぶります。こうすることで、何もかぶっていない時よりも顔が短く見えるようになります。

ハンチングの選び方とかぶり方

ペタンと柔らかく高さの出ない帽子がおすすめです。質感が硬くトップにボリュームの出る帽子は、顔の長さを強調するため、平たい形の帽子を選びましょう。
被る際も、高さを強調しないよう、深めに被るようにしましょう。

そもそもハンチングは浅めの帽子なので、面長さんには似合いやすい帽子です。

かぶり方は、つばが床と水平になるようにしっかりかぶります。

キャスケットの選び方とかぶり方

深くかぶれないほどの高さのある帽子は頭部がより縦に長くなり、面長さんの顔が更に縦長に見えてしまうようになります。

ボリューム感のあるキャスケットはどうしても上部の高さが出てしまいがちです。

柔らかいニット素材のキャスケットは、頭の形に沿うのでボリューム感を押えられます。

こちらもやはりつばが床と水平になるように、しっかりかぶります。コットン素材でも最近人気のマリンキャスケットは浅めなども多いので面長さんと相性がいいです。

 

 

四角顔・ベース顔さんの帽子の選び方とかぶり方

 

顔やアゴの幅を気にしてツバの短いもの・ボリュームのないシンプルなものを選ぶと逆効果です。正面から見て、顔の幅を超える大きめツバのものをぜひ選んで下さい。

四角いシルエットのものが似合うので、中折れや浅めのつば広ハットをかぶってみて下さい。また、アシンメトリーな形状などでスパイスを効かせた個性的なものがよく似合います。

ハット・中折れ帽の選び方とかぶり方

クラウンが角張って四角く、ブリム(つば)は少し大きめの帽子(ハット)を選ぶといいでしょう。

アシンメトリーなど、一見コーディネートが難しそうな帽子でも着こなせます。

またベース顔さんはカンカン帽がよく似合います。つば広のカンカン帽だとえらの存在感も消してくれるのがうれしいポイントです。

ハンチングの選び方とかぶり方

しっかりと横幅にボリュームの出る帽子が似合います。

つばが顔幅と同じか、少し大きいぐらいの帽子を選んで下さい。帽子のボリュームが、エラや顔の大きさをカバーし、小顔効果をもたらしてくれます。
ボリューム感を潰さないよう、斜めに被る被り方もおすすめです。

スリムなデザインのものが多いので、着こなしの難しい帽子となります。四角いシルエットのものがいいので、布製のふっくらとしたハンチングが良いです。

かぶり方は、つばの方向を左右にずらし斜めにかぶります。

 

キャスケットの選び方とかぶり方

ピッタリとしたシルエットのキャスケットはあまり向きません。キャスケットはよりボリューム感のあるものを選びます。

かぶり方は、浅めにかぶります。
ブレード素材でボリュームのあるものも人気で、ベース顔さんは個性的なキャスケットに挑戦してもきっとバランス良くかぶれます。

 

逆三角顔さんの帽子の選び方とかぶり方

ツバが狭いものがオススメ。また、浅めの帽子よりも深めの帽子をしっかり深くかぶるほうがしっくりきます。

頭が丸いものをかぶるとアゴの華奢な感じが強調されて柔らかい雰囲気になります。

アゴを強調したくないかたは、クラウンの先端が細長いものをかぶると顔なじみが良いです。

 

ハット・中折れ帽の選び方とかぶり方

比較的どんな帽子(ハット)でも似合う顔型です。顎がシャープな方は、クラウンの先が細い帽子(ハット)がオススメです。シャープな印象で顔の形とまとまりの良いシルエットになりよく似合います。

丸いトップのハットの場合は、細長いスッキリとしたシルエットになるハットがおすすめ。

かぶり方はつばと床が水平になるように、少し深めにかぶります。

ハンチングの選び方とかぶり方

固めの質感で、小ぶりなデザインが似合います。横には広がらずに、トップにボリューム感のある帽子を選びましょう。頭頂部に丸みを出すことで、男性は顎をシャープに、ボリューム感を潰さないように被りましょう。しっかりかぶれる、深めのハンチングがオススメ

アゴが華奢なので、他の顔型では難しいかぶり方の難しい細身のハンチングもスッキリとしたシルエットでよく似合います。頭にフィットする素材の、ニットやスウェットのものがオススメ。

かぶり方は、後ろに倒すように深めにかぶると似合います。

 

キャスケットの選び方とかぶり方

キャスケットは深めにかぶれる、程よいボリュームのものがオススメ。後頭部にも高さがあるものが深めにしっかりかぶることができます。

ボリュームがありすぎるとアンバランスで顔が貧相に見えてしまいがちなので被り部分が上にかけて広がっているものより、被り部分が上にかけて狭くなっているものや丸いもののほうが逆三角顔さんのお顔と相性がいいです。

かぶり方は、つばが床と水平になるように、しっかりかぶります。